-->

2017年3月9日木曜日

【感想】リフレクションシートから見る「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の視点

これは私が会社員だったときの話です。パワーポイントのスライドに文字を詰め込みすぎる方に出逢ったことがあります。

これは会社員の方がプレゼンをされたときの体験でしたが、一枚のスライドに少なくとも8行は詰め込まれていたので、「ごめんなさい。よく見えないところがあるので、なんと書いてあるかいただけますか。」とお尋ねしたことがありました。本当に見えなかったので。

その方は視力が2.0だったそうで、「まさかこんなに大きな文字で見えない人がいるとは思わなかった」とご回答をいただきました。「なるほど! 」と思いました。その方が悪いわけでは全くないのは声を大にしてお伝えしたいのですが、講師目線と受講者の目線は見え方の面でも理解の仕方の面でも違うのだなと思った体験がありました。

この体験は昨年、ITmediaのブログで中学校で教員をされている望月陽一郎先生の記事を読んで、思い出したことでした。

【参考】
▼リフレクションシートから見る「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の視点:教育ICT研究室:オルタナティブ・ブログ http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/2017/01/reflection-sheet.html

【注】リフレクションシートは「ふり返りシート」の意味で使っています。

望月先生によると、子どもたちのふり返りシートには、以下のようなことが書かれていたそうです。
④KP法(紙プレゼンテーション)、テレビでの提示、iPadの活用について 多い順
  • 教科書でチェックするところがテレビに映されるのでよく確認できた。
  • 大きく教科書やプリント、器具などを映してくれるので説明が分かりやすかった。
  • 宇宙の分野で、アプリで宇宙空間が大きく映しだされていてよくわかった。
  • 黒板が先生で隠されてしまうことが少なくよく見える。
  • KP法は時間短縮になる。
ここについては1学期とあまり変わりませんでしたが、理科室内を小さなプラネタリウムとして授業を進めたことで、3年生の「地球と宇宙」では理解がしやすかったようです。
※http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/2017/01/reflection-sheet.html から引用
掲示した内容がしっかり見えるというのは、授業を進める上でとても大切なことだと思います。何が書いてあるか見えないと、理解することもできませんし、授業に集中できません。

子どもたちが授業を振り返って感じたことを踏まえて、望月先生がお話し下さった「掲示・提示の工夫」は、ベーシックな話ですがとても重要ではないかと思います。