-->

2012年12月5日水曜日

数字の概念が身につけやすいアプリ「SmileTimer」

数字・量・時間の概念が理解しにくいお子様/大人・保護者に便利なのが「SmileTimer」というアプリです。小さいお子様が生活習慣を身につける際に役に立ちます。

保護者が子供のしつけ用にこのアプリをご利用されると便利です。また発達障害などが原因で数量が理解し難い場合にも「SmileTimer」は役に立ちます。


SmileTimer 1.2.0(¥300)App
カテゴリ: メディカル, ユーティリティ
販売元: Takeshi Fujiwara - Takeshi Fujiwara(サイズ: 17.4 MB)
全てのバージョンの評価: (5件の評価)

開発者様によると、リクエストに応えてお試し用の無料版も制作したそうです。
SmileTimer Lite 1.2.0(無料)App
カテゴリ: メディカル, ライフスタイル
販売元: Takeshi Fujiwara - Takeshi Fujiwara(サイズ: 14.4 MB)
全てのバージョンの評価: (8件の評価)




アプリの詳細は、「数や時計がまだ分からないお子様にオススメなアプリ「SmileTimer」 開発者様にインタビュー」に書きました。とっても可愛いアプリですよ!

2012年9月26日水曜日

代表権喪失登記に関するQ&A、参考情報

管理人より:以下の部分は「シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 メルマガ  2012-09-19 No.190」から転載可能と記載された部分を転載しました。
ご参考になりましたら幸いです。よろしくお願いいたします。


■Q&A
Q1:代表権喪失の変更登記とは?
A1:改正特定非営利活動促進法(改正NPO法)
が施行されたのに伴い
定款に「理事長は、この法人を代表する。」などの規定があるNPO法人は、
理事長以外の理事について「平成24年4月1日 代表権喪失」
とする変更登記をしなければならないこととなりました。

Q2:どうして必要なの?
A2:NPO法第16条第2項の規定(第2項 理事の代表権に加えた制限は、
善意の第三者に対抗することができない。)が削除されました。
これに伴い「理事長は、この法人を代表する。」などと、
代表権の制限を定款で定めている場合、理事長以外の理事について
「平成24年4月1日 代表権喪失」の登記変更が必要です。

Q3:いつまでに登記手続きをすればいいの?
A3:10月1日までです。
10月1日までに登記所で申請書が受理されていなければなりません。
10月1日に郵送したのでは、間に合いません。

Q4:どんな法人がやらないといけないの?
A4:定款で「理事長(代表理事)はこの法人を代表し、」などのように、
理事の代表権の制限を行っているNPO法人です。
所轄庁のモデル定款にならって定款を作ったNPO法人の場合、
意識してないかもしれませんが、ほぼ100%代表権は制限されています。

Q5:どこで手続きできるの?
A5:皆さんがいつも登記変更を行っている最寄りの登記所です。

Q6:やらないとどうなるの?
A6:20万円以下の過料の対象となります。
また、認定NPO法人申請では、「法令遵守」が条件の1つです。
登記を怠っていると、認定・仮認定が申請できなくなる危険性もあります。

■参考
法務省
【重要】NPO法人の皆様へ 理事の変更登記はお済みですか?
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00067.html

NPOWEBニュース
【改正NPO法】理事長・代表理事の選任・登記に注意
http://www.npoweb.jp/?p=5077

【改正NPO法】多くのNPOが登記手続き必要に!
http://www.npoweb.jp/?p=4304

▲以上の部分は、転送・転載大歓迎▲


2012年8月25日土曜日

第39回出版UD研究会 テーマ「情報アクセシビリティの世界から見た本のアクセシビリティ」 ゲストスピーカー:浅川智恵子さん(IBMフェロー)

主催者さまからご連絡いただきました。第39回出版UD研究会のゲストスピーカーは、浅川智恵子さん さんです。アクセシビリティに関するソフトウェアを開発され、IBMフェローとしてご活躍です。TV番組のドキュメンタリーで浅川さんのことを知りました。

以下に、講演会の情報を転載します。(転載OKとのことです。)

第39回出版UD研究会 テーマ「情報アクセシビリティの世界から見た本のアクセシビリティ」


浅川智恵子さんは、コンピュータ技術者として、1980年代から一貫して情報アク セシビリティの研究に取り組んでこられました。 

現在は障がい者だけでなく、高齢者や携帯端末ユーザー、新興国の非識字者など さまざまなユーザーを対象とした研究を継続されています。 

今回の出版UD研究会では、ご自身の研究開発の道のりを通して、情報アクセシビ リティの技術や考え方がどのように発展してきたか、そして今ど こに向かって いるのかをお話しいただきます。 

また、浅川さんはご自身が全盲の障がい当事者でもありますので、仕事上必読の 本をどのような方法で読んでいるのかなど、読書生活についても ご紹介いただ きます。 

長年、情報アクセシビリティに取り組んできた研究者としての視点と、全盲の読 者としての視点の両方から、電子書籍など本の世界のアクセシビ リティに対す る期待や懸念、提言を語っていただく予定です。

○日時:2012年9月1日(土)14:00?16:30(受付開始13:30)
○会場:北とぴあ7階・第1研修室 〒114-8503 東京都北区王子1-11-1 JR京浜東北線「王子駅」北口徒歩2分、東京メトロ南北線「王子駅」5番出口より 直結、都電荒川線「王子駅前駅」より徒歩5分
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/525/052549.htm http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map 

 ○定員:80名(先着順)
 ○参加費:1,000円(当日、会場で集めさせていただきます)

 ≪ゲストスピーカーのプロフィール≫
 浅川智恵子(あさかわ ちえこ) 中学時代にプールでの怪我がもとで失明。

1985年に日本IBM入社。 80年代後半に行った点字翻訳システム開発の成果は、点字データをネットワーク を介して共有するシステムへ と結実し、現在の視覚障害者情報総合ネットワー ク「サピエ」につながっている。 

1990年代には、視覚障害者にウェブ活用の扉を開く「Home Page Reader」を開発。 

2000年代には、ウェブ・ページ制作者がアクセシブルなコンテンツを作成・編集 できるよう支援するツール 「aDesigner <http://www.eclipse.org/actf/downloads/tools/aDesigner/index.php>」 や、 マルチメディア・コンテンツにアクセスすることを可能にした音声ブラウザ 「aiBrowser <http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/21230.wss>」 を研究開発。

 また、2008年には、インターネット上で一般のユーザーと視覚障害を持ったユー ザーが協働してウェブ・ ページのアクセシビリティを向上させる「ソーシャ ル・アクセシビリティー」プロジェクトを立ち上げた。 現在は高齢者の社会参加を目指したシニア・クラウド・プロジェクトを推進して いる。 

これらの功績により、文部科学大臣表彰(2011年)など国内外で受賞多数。 2009年、全世界のIBM技術者の最高職位「IBMフェロー」に日本人女性として初め て就任した。


■申し込み方法 出版UD研究会へのご参加は、予約制でお願いしております。



申し込み方法は、

>>「9月1日(土)第39回出版UD研究会のご案内

をご参照くださいませ。

2012年4月28日土曜日

[受付終了]第37回出版UD研究会 ロービジョンの人も使えるiPad活用法

2012年5月9日に、主催者様より「5月19日の第37回出版UD研究会は、定員に達しましたので、
申込受付を終了させていただきます。」とご連絡いただきました。

以下の講演会は申し込めなくなりましたので、どうぞ、よろしくお願い致します。


---
主催者さまからご連絡をいただきました。転載・転送可能とのことです。


第37回出版UD研究会 ロービジョンの人も使えるiPad活用法
ゲストスピーカー:氏間和仁(広島大学大学院教育学研究科准教授)

今年3月の研究会では、「視覚に障害のある人が求める電子書籍」と題して、おもに聴覚や触覚を活用したアクセシビリティに関する新しい動向につい て取り上げました。
今回は、視覚障害の中でもロービジョン(低視力・低視覚)の人たちにとってのアクセシビリティの可能性を考えてみたいと思います。

ロービジョン当事者である氏間和仁さんをゲストスピーカーにお迎えして、前半は、ロービジョンの人が普段どんな方法で読書をしているのか、どんな ことが不便なのかについて概説するとともに、iPadを活用した読書の方法などを紹介してもらいます。
後半は、参加者のみなさんにも実際に体験をしてもらいながら、ロービジョンの人が使いやすい電子書籍のあり方について、一緒に考えてみたいと思い ます。

○日時:2012年5月19日(土)13:30?17:30(受付開始13:00)
○会場:一般社団法人電子出版制作・流通協議会(電流協)会議室
〒101-0051 千代田区神田神保町2-2-31 第36荒井ビル8階
電話:03-6380-8207
http://aebs.or.jp/access.html

○最寄り駅:東京メトロ半蔵門線、都営三田線・都営新宿線「神保町」駅 A2・A3
出口より徒歩1分
○定員:25名(先着順)
○参加費:1,000円(当日、会場で集めさせていただきます)

≪ゲストスピーカーのプロフィール≫
氏間和仁(うじま・かずひと)=1970年、愛媛県生まれ。2005年、明星大学大学院人文学研究科修了。愛媛県立松山盲学校教諭、 福岡教育大学教育学部障害児教育講座講師を経て、現在、広島大学大学院教育学研究科准教授。視覚が利用で
きない、または十分に利用できない人々 の生活上・学習上の困難を科学的に解明し、その解決策を提案することによって、幸せな生活を送ることができる社会の実現を目指している。
◎氏間研究室のウェブサイト
http://home.hiroshima-u.ac.jp/ujima/src/index_j.html
おもな著書に『音声ユーザーへのパソコン導入期指導プログラム』(読書工房)などがある。

■申し込み方法
出版UD研究会は予約制にしております。
参加ご希望の方は、下記メールアドレスに、1:お名前、2:ご職業と(あれば)所属先、3:連絡先(メールアドレスなど)、4:懇親会参加の有無 をご記入のうえ、メールをお送りください。
また、 当日配布する印刷物のテキストデータ事前配布や、最寄駅からの誘導など、必要な配慮をご希望される方はお書き添えください。(とくに配慮を希望される事項 がなければ記入されなくて結構です)
会場の都合上、定員は25名としておりますので、受付は先着順とさせていただきます。参加の可否は返信メールにてご連絡いたしますので、必ずご確 認ください。(返信に1?2日かかる場合がございますので、ご了承ください)
ud37@ud-pub.org

■懇親会について
出版UD研究会恒例! 研究会終了後、神保町界隈で懇親会を開催いたします。
(18:00?20:00ごろ予定)
懇親会参加ご希望の方は、お申し込みの際、必ず「懇親会参加有」とご記入ください。
当日研究会の受付で懇親会費をお預かりいたします。(会費は5,000円の予定です。後日、懇親会をお申し込みの方だけに、メールで会場をお知ら せいたしますが、その際、懇親会費の確定金額もお伝えいたします)

2012年4月25日水曜日

【移転しました】パソコンによる受験を支援するソフトウエア「Lime(ライム)」を日本マイクロソフト社と東京大学が開発

2012年2月9日に興味深い記事が掲載されました。
参考:【ニュース】入試で障害児がPC利用の配慮を受けやすくするソフト、MSと東大が開発
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120209/380667/?ST=sp# 

自力で文字を書くのが難しい場合や、手に運動機能の障害がある場合を想定して、受験生がパソコンを使って回答できるソフトウエアが開発されました。

名前は「Lime(ライム)」です。日本マイクロソフト社と東京大学先端科学技術研究センターが共同開発したとのこと。

「Lime(ライム)」の詳細は、 パソコンによる受験を支援するソフトウエア「Lime(ライム)」を日本マイクロソフト社と東京大学が開発:ITmedia オルタナティブ・ブログ からご覧くださいね。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

スポンサードリンク

2012年2月25日土曜日

子どもたちの空間認知が育つアプリ! YumYum かたちパズル!(ヤムヤムかたちパズル)

最近は様々な教育ソフト・アプリが発売されています。 お父様、お母様にとってはどの教育ソフト・アプリが我が子に良いのか悩まれることも多くなっているのではないでしょうか。

「YumYum かたちパズル!(ヤムヤムかたちパズル)」は、お菓子の家の中でチョコレートやクッキーのパズルで遊ぶことができます。


YumYum かたちパズル 1.5.1(¥360)App
カテゴリ: 教育, ゲーム, パズル, ファミリー
販売元: Keaton.com - Naoya Sangu(サイズ: 65.1 MB)
全てのバージョンの評価: (30件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応



開発したキートンコムさんによると、
このパズルには「まる」「三角」「四角」など、様々な形状のお菓子がいっぱい登場しま­す。それらのお菓子をケースの中に正しく箱詰めしていくのが、あなたのミッションです­。4種類のパズルを通じて小学校の算数で習う基本的な図形を楽しく学ぶことができま
とのこと。

【実際にプレイしている様子の動画】




  • 小さいお子さんが直感的に遊ぶことができる点
  • 空間認知のスキルが伸びる点
  • 人を傷つけたりしない点

など、お子さんが遊ぶのに適したアプリです。

見た目がとてもおいしそうな所も、魅力的です。



>>詳細なレビューの続きはこちらから



今回、紹介したアプリ


YumYum かたちパズル 1.5.1(¥360)App
カテゴリ: 教育, ゲーム, パズル, ファミリー
販売元: Keaton.com - Naoya Sangu(サイズ: 65.1 MB)
全てのバージョンの評価: (30件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応




編集履歴:2015.12.24 15:30 「プレイし」→「プレイしている」「魅力邸」→「魅力的」に修正。題名から「【お知らせ】」を削除。題名に「子どもたちの空間認知が育つアプリ」を追加。

2012年1月6日金曜日

【移転しました】マルチメディアデイジー版教科書の普及促進に関する意見書を採択した自治体

マルチメディアデイジー版教科書の普及促進に関する意見書を採択した自治体を記載したグーグルマップがあります。



iPhoneレボリューションやMediaBasaraなど、私の個人ブログで補足情報やアプリ情報を紹介しました。ご参考にしていただけましたら、幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

参考記事:

  1. マルチメディアデイジー版教科書の普及促進に関する意見書を採択した自治体
  2. 無料でダウンロードできるマルチメディアDAISY図書(Voice of DAISY情報 付き) 
  3. 障害者と支援技術「マルチメディアDAISY」2011年版